保険医年金 決算報告を受けました

2018年11月21日に金融共済委員会・保険医年金分科会を開催しました。本分科会は、毎年11月に開催され、保険医年金普及参加生保各社も参加し、幹事会社である三井生命から保険医年金の決算報告を受けることになっています。2017年度の決算報告の概要は以下の通り。

全国の加入状況は、掛金収入額で対前年比100.8%となり、月払が対前年比100.4%、一時払で対前年比101.6%となった。近年の加入人数・口数をみると、月払で減少、一時払は増加しています。また、京都でも全国と同じ傾向がみられました。 なお、先生方の積立金は、毎年決算時に責任準備金として積み立てられており、今年度も昨年と同じ程度の約1兆2,570億円(対前年比101.6%)を確保しました。 京都は保険医年金の発足協会であるため、加入者一人当たりの平均積立金額も全国平均積立額の123.6%と高い状況です。また、京都の1人あたりの加入口数平均についても月払10口、一時払24口であり、全国平均よりも高くなっています。

保険医年金は理事者が会員のために作り上げてきた制度であり、安定性・安全性・自在性に富んだ制度です。現在の予定利率は1.259%で、2017年度は0.097%の配当があり、予定利率と合わせて1.356%となりました。来春の普及は、2019年4月1日より開始します。ぜひ多くの会員の利用をお願いします。