お客様本位の業務運営方針

1.お客様本位の業務運営方針の策定・公表

 有限会社アミスは、損害保険・生命保険代理店として金融商品の販売等に際し、お客様本位の業務運営をより一層推進するとともに、円滑な医業の遂行を目指し、2010年9月に制定した“勧誘方針”に基づき「お客様本位の業務運営方針」を策定し、公表いたします。
 また、当方針の社内浸透を図るとともに、より良い業務運営を実現するため取組状況を定期的に確認し、見直して参ります。

2.お客様への最善な金融商品(保険商品等)の提案

 複数の保険会社の商品を取扱い、お客様の多様なニーズにお応えします。コンプライアンスを遵守し、お客様に最善な金融商品(保険商品等)の提案を行うとともに、誠実・公正な対応を心がけて参ります。
 保険販売等においては、お客様を取り巻くリスクの分析やコンサルティング活動等を通じて、お客様の意向と実情に沿った適切な商品設計、販売・勧誘活動を行って参ります。

  1. お客様のご意向の適切な把握・確認
  2. コンプライアンスやお客様本位の業務運営に関する職員教育の徹底、各種研修の実施
  3. 保険代理店としての金融情勢の把握、専門知識の習得、スキル向上に努める

3.お客様への分かりやすい情報提供とサービスの提供

 お客様の知識・経験、契約目的、財産の状況等を総合的に勘案し、商品内容やリスク内容等の分かりやすい情報提供と適切な説明を創意工夫するとともに、お客様の立場に立ったサービスを提供して参ります。

  1. 分かりやすいパンフレット等の提供、お客様の立場に立ったサービスの提供
  2. アミスホームページでの取扱商品のPR(https://amis.kyoto)
  3. 契約概要、注意喚起情報、重要事項等の説明、明確で平易な表現での説明
  4. ご高齢、障がいをお持ちのお客様への配慮、丁寧な対応
    (ご家族の同席、複数回の面談や複数の募集人による確認等)
  5. 契約から保険金・給付金の支払いに至るまでの適時適切なアフターフォローの実施

4.KPI取組目標

 「お客様本位の業務運営方針」に則り、お客様からの信頼の確保と会員*医療機関の円滑な医業の遂行に努め、保険契約の継続と加入促進を目指します。また、当代理店の主契約である以下の保険については評価指標(KPI)を設定し、加入率アップに取組みます。
 医師賠償責任保険       
 ・・・
加入率 会員医療機関の68%以上
 休業補償制度(所得補償保険) 
 ・・・
加入率 会員の20%以上

*会員=京都府保険医協会会員

5.利益相反の適切な管理

 お客様の利益を不当に害する恐れのある取引を適切に把握・管理するための体制を整備し、維持・改善に努めて参ります。

 
2022年3月17日
有限会社 アミス